北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

時間差攻撃

その時は、いまいち、ピンッとこないのだけれど、
時間が経ってからわかることもある。
それはまるで時間差攻撃のように。


楽雲庵塾には、『仕事』ってページがあって、
そこに綴っている言葉の半分以上は、
人生の先輩であり、俺が尊敬する大人達から聞いた言葉で、
確かに、確かになって納得し、残しておきたい言葉なんだけど、
その中に、「相手の言っていることを理解する」ってのがある。

この言葉は、俺が、他の職種や他部門と話をするのが苦手な時期に、
「どうしたらうまくいくのだろうか?」とある人に聞いた時の言葉。

その人は、「相手の言っていることを理解することだね」って教えてくれたんだけど、
当たり前すぎる言葉が返ってきて拍子抜けしたのを覚えている。
もっと魔法のような、特効薬のような効き目のある言葉を期待していたんだろうね。


あれから、時間が経って、またちょっとだけ理解できた気がする。

それぞれの守備範囲というか専門分野というか、
職場にはそれぞれの仕事があるわけで、
それぞれの視点、それぞれの知識、それぞれの立場から意見を述べる。
当たり前っちゃあ、当たり前の話。

その時の俺は、何せ余裕がないもんだから、
感情が先にきて、俺が、俺がが先に来て、
冷静な議論ができなかったわけだけど、

相手の意見の根拠とする知識を、
あらかじめ持つことによって、
ああ、なるほどな、この人が言っているのは、あそこを言っているんだねって、
自分の感情に余裕が生まれているのに気づく。
そうしたら、こう言えば、相手の人は、納得してくれるかなってね。
議論が噛み合う。


つまりは、相手の言っていることを理解する。


ふむ。



==============================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

人気ブログランキング



にほんブログ村

今日も、おもしろかったらで良いんで、クリックしてって。