北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

maijo祭り

確実に火がついた。
舞城祭りの如く、舞城王太郎の本を立て続けに読んでいる。

煙か土か食い物 (講談社文庫)
リエーター情報なし
講談社

※画像をクリックするとamazonのサイトに飛びます。

文章の書き方にやられた。
言葉の羅列、爆裂ってな具合に、所狭しと言葉が並ぶ。

熊の場所 (講談社文庫)
リエーター情報なし
講談社

※画像をクリックするとamazonのサイトに飛びます。


この熊の場所って本は短編が3つ収録されているんだけど、
その中の一つ、バット男が良かった。


”人生はスポーツではない。
負けてないことが勝つことにはならない。
そして、これは誰でもわかっているだろうが、人生ってのは大きな引き分け試合だ。
でもそれぞれの局面において、
勝ち負けはちゃんとある。
って言うか勝ち負けしかない。
でも負けたときしか、勝ち負けの判断はうまくできないのだ。”
『バット男』


今日も、俺は、舞城王太郎の本を探しに、本屋さんに行ったのでした。



==============================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

人気ブログランキング



にほんブログ村

今日も、おもしろかったらで良いんで、クリックしてって。