北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

野球熱再燃

我が母校の野球部が、
秋の北海道大会ベスト8に進んだ快進撃は、
俺の野球熱を再燃するには十分だった。

ひさしぶりに野球を観たくて、
札幌、円山球場に足を運んだ。

駐車場付近で、
ラジオから流れる高校野球の中継と、
球場から漏れ聞こえる応援の声がシンクロして胸が高鳴る。
早く試合を観たくて駐車場から球場までのわずかな距離を走った。

準決勝第二試合。
札幌第一対札幌新川。

球場内は客でごった返し、
立ち見の人もたくさんいた。

さすが準決勝の試合だけあって、
どちらのチームもレベルが高い。
野球が緻密。選手が細かい野球を知っている。
こんなレベルの高いチームと張り合った我が母校を想像し誇らしくなった。

母校の指導者もさることながら、
中学校の指導者も良いんだろうな。

だから、あんな田舎の高校が、
北海道大会まで出場できるレベルまでになったんだろうな。

夏の予選に、再び北海道大会まで進める可能性は高くはない。
それほど旭川支部にも実力校がひしめく。

ただ、甲子園がうっすらと見える、
俺等の頃には、想像だにしなかった領域まで足を踏み込んでいるのも確かだ。

来年の夏、
再び、野球熱に火を灯してくれることを願わずにはいられない。




==================================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

人気ブログランキング



にほんブログ村

今日も、おもしろかったらで良いんで、クリックしてって。