北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

絵本祭りへのクレーム

明日は早いからね、早く寝ないといけないからねと思って布団に入った俺に、
「絵本の紹介しつけぇんだよ」と、
ここ最近、9冊連続で絵本を紹介した絵本祭りに、
クレームの電話をよこしてきた塾生がいた。

「連続で更新しないと祭りにならんだろ!」と俺は言い返した。
「それで、この前、紹介したプロ野球90年代大事典は読んだか?」と俺は話を続けた。

「ああ、町の図書館に入れてもらった。人気があって、みんな借りていくから、まだ読んでないけどね」
楽しそうな声で塾生は答えた。

図書館って・・・。

「自分で買えよ。自分の手元に置いておきたいくらいの本だろ?あれは」
俺はつっこみを入れながら、
そういえば、俺も町の図書館に、
日本刀大事典を入れて貰ったことがあったけと思い出した。

俺の入れてもらった日本刀大事典は、たぶん人気がない。想像に難くない。
日本刀大事典を思い出すと、
誠に申し訳ないことをしましたと切ない気持ちになる。

図書館にリクエストをした人が、
その本を、最初に読むのが通例だが、
塾生は「俺のことを、よくわからないって人に、俺を理解したかったら、これを読め」と、
プロ野球90年代大事典を渡したらしい。
それ以来、人気が出て、塾生自身が、
その本を読んでいないと言っていた。

あいかわらず、いたずら好きだなと思いながら、
プロ野球90年代大事典を渡された人の顔を想像した。

周りの人によくわからないって言われるくらいでちょうど言いわな。

「それでおすすめの絵本はあるのか?」と俺は訊き、
塾生のおすすめの絵本の名前を聞いた。

「おもしろかったら、またブログで絵本を紹介するわ」と言う俺に、
塾生は電話越しに苦笑いを浮かべた。


楽しいひとときだった。
だけれども目が冴えて仕方がない。


明日は5時起きなんだ。
いや、もう今日の話だ。



==================================

こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

人気ブログランキング



にほんブログ村

今日も、おもしろかったらで良いんで、クリックしてって。