北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

MISSION FUJIYAMA(6)

「塾長元気?メール打つのめんどくさいから電話した」
富士山を制覇した鹿児島出身の馬場さんから電話が来た。
馬場さんと話をするのは、いつ以来だろうか。
有酸素運動、登山をするときの準備物を訊いた。

電話で訊いた話は、
馬場さんメモと名づけよう。

以下、馬場さんメモより。

有酸素運動とは、酸素を取り込みながら行う運動。
心肺機能を高める運動。
人と話ができるぐらいの速度でランニング。
ランニングがストレスにならない程度に、
ゆるい感じで、今日、はしろっかなと思った時に、
運動すれば良いよって言ってた。

「馬場さん、俺は、高山病が怖くて仕方ないんすよ。高山病対策はないんっすか?高山病対策はないんすか」って連呼した。

馬場さんが富士山登頂をした時も、
二人が高山病にかかったらしい。
しかも登山の経験者だって言うから、
さらに高山病はやばいって気持ちに拍車がかかった。
一度、高山病にかかれば、下山するしかない。
山梨県の友達と同じことを言っていた。
山梨県の友達が立てた日程を聞いた馬場さんは、
「その友達のスケジュールがベストだ。その日程で行けば高山病にかかる心配はない」と言っていた。

そして、最後に準備物。

・食べる酸素。
・食べ物。(袋入りのチョコレート。ウィダーインゼリー)
・飲み物1リットル。
・日焼け止め。
・薄いカッパ。
・長袖。
・軍手。
・ヘッドライト。
・ライターがつかないからマッチ。
・ポテトチップス。

頂上でポテトチップスを味わって貰いたいって言ってた。
めっちゃうまいって。
話を訊きながら笑った。



追伸:筋肉痛にならなくなりました。



==================================

こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

人気ブログランキング



にほんブログ村

今日も、おもしろかったらで良いんで、クリックしてって。