北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ボディソープとボディソープ

最近、よく出かけ、よく温泉に行く。
バスタオルとタオルを持って。

シャンプーとボディソープは、
大抵、温泉に備え付けられているから、
温泉に備え付けられているシャンプーとボディーソープを使う。

この前ね、
その備え付けられているシャンプーを使って、
頭を洗っていたら、
やたらと泡立つわけ。

髪の毛がごわついてきたところで、
こりゃあボディソープで頭を洗っているなって気づいたのだけれども、
俺はね、ちゃんと確かめたわけ。

温泉に備え付けられている2つの器。
これはボディーソープだな。
ボディーソープの隣が、
リンスインシャンプーだなってね。

リンスインシャンプーって器に書いてあることは確かめなかったけれども、
ボディーソープを確かめた時点で、
ボディーソープの隣は、
必然的にリンスインシャンプーだろ、普通。

ところがな。
ところが、目で確かめてみたら、
ボディーソープの隣もボディーソープ。

おい、おい、ボディーソープとボディーソープかよ。
隣の人のボディーソープが間違って来ちゃっているよって思いながら、
「すみません」と声をかけて、
隣の人のところに備え付けられている器を確かめてみた。
隣の人のもボディーソープとボディーソープ。

ここの温泉。
ボディーソープしか置いていない。

ただな。
ボディーソープしか置かないにしてもな。
ボディーソープとボディーソープ、
2つの器を置く必要はないんじゃないのか?





これは罠か?





−−−−−−−



読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます