北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

友達のために

実家を後にする俺に向かって、
母ちゃんは、

「友達の力になってあげなさい」

と言った。


「うん」と俺は返事をし、車のハンドルを握った。



今年ほど、周りの友達が悲しんだり、苦しんだりする年もない。



友達のために、


俺に何ができるのだろう?





−−−−−−−



読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます