読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

河童のかわぐちくん(9)

携帯電話の呼び出し音が1回、2回と鳴った。
3回目の呼び出し音が鳴ったのと同時にかわぐちくんが電話に出た。

「ウィーイ!」

かわぐちくんのテンションの高さに、僕はたじろぎ、苦笑いを浮かべた。
僕は「ひさしぶり」と返すのがやっとだった。

「何て、良いタイミングで電話をよこしたんだ坂本!」
かわぐちくんは最初のテンションのまま話を続けた。

「俺、会社を3月いっぱいでやめることにしたんだ。3年間、働いて金もちょっと貯まったし、来月から、旅に出ることにした。いやあ、それにしても良いタイミングで電話をよこしてきたなあ」

「えっ、どこ?どこに行くの?」
久々だということも忘れ、僕は、かわぐちくんのテンションに圧倒された。

「小さい頃からやりたかったんだよね。世界一周。まずはオーロラを観にカナダに向かう」


あまりの驚きに、4月にオーロラが観られるのかという疑問を訊き忘れたと気づいたのは、電話を切った後だった。
かわぐちくんは、想い続けた末に、一つ、自分の夢を実現しようとしていた。


駐車場まで歩く間、
かわぐちくんとの電話の余韻に浸った。



今まで、僕は、どれほどのことをあきらめてきたのだろう?
今まで、僕は、どれほどのことをあきらめざる終えなかったのだろう?

掴みかけて、こぼれ落ちた、あの日。
時間は止まり、景色は色を失った。
ただ、息を吸い、息を吐くだけの屍と化した。

息の根を止められた、あの日。
悲鳴をあげて、陥没した心は塞がらない。
ぽっかり開いた穴からは、後悔が溢れ出した。

神の存在を疑った。
願えど、願えど、遂には叶わなかった。

掴もうとしていた時が栄光だったのか?
確かに、短かったかもしれないけれども、
確かに、幸せに包まれた。
それだけでも、掴もうと出した手は無駄じゃなかった。


大きな幸せに、大きな涙。




久々に電話したかわぐちくんの口癖は、高校の時から変わっていなかった。




「挑め!挑むのをあきらめるな!」







おわり
※この物語はフィクションです。



−−−−−−−



読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます