北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

2010LAST1本

2010年も残すところ、あと2時間となりました。礼に始まり礼に終わる楽雲庵塾の2010年最後の更新となります。年末の挨拶と言っても今年中に読んでくれる塾生は、おそらくいないことでしょう。良いんです。それでも良いんです。それでも更新しないと塾納めになりません。それにしても、なぜ、年末はなんちゃら納めと言うのでしょうか。納める。私も29日あたりから、今年の数々の納めをしてまいりました。先程は風呂納めも済ませたところです。今年の汚れは今年のうちに。汚れと言えば今年は珍しく大掃除も済ませました。掃除をするのは気持ちが良いものです。何もやる気が起きない時は、まず掃除をすることをお薦めします。わかっちゃいるけど、めんどくさい。わかります。私もめんどくさいと思います。
さて、この12月31日、我が家では、唯一、公認で夜更かしをしても良い日と小さい頃からなっていました。31日にテンションがあがるのは、その時の名残なのかもしれません。今となっては毎週末に年末と同じような心持ちで過ごしている次第です。休みの日は遅寝早起きに限ります。休日を満喫するのです。ただ、遅くまで起きて、朝、遅く起きては、ああ、昼まで寝ちゃった、もう休みが終わっちゃうとなってしまうので、早起きに限ります。ただ、睡眠時間が足りないばかりに眠くなる。そうなれば昼寝をすれば良いのです。あなたは、一回、起きたのだから。昨日も、私は、そんな時間を過ごしました。徹底的に北斗の拳を読んで起きていようと決めたのです。気づいたら寝ていたわけで、夜中に電話がなり、あれは、深夜1時だったでしょうか、これから遊びに来いと言うのを、いや、いや、今日は北斗の拳を読んで寝ますと返事をし、再び、北斗の拳。トキとラオウが実の兄弟と初めて知り、リンは双子だったことを初めて知りました。今は19巻を読んで
ます。それにしても北斗の拳は、登場人物が死にすぎですね。著者は男の死に様を描きたかったのでしょうか。北斗の拳については以前にも日記で書きましたが、あれからフィギュアを見に行きました。行きましたが、納得のいくものがなかったため、買うのはやめることにしました。何ならフィギュアも自分の手で作ってみたい。フィギュアとまではいかないにしてもプラスチック性の作品もできたらなあと思ったのが今年。何のフィギュアかといえば、今年、何度も書いてきたパンダちゃんのフィギュアを作りたいなあと思った10月。ブラックライトに光るパンダちゃんフィギュアはうけるなあとにやけたものです。たぶん、プラスチックは難しい、難しければ、紙粘土かあ、紙粘土かあ。パンダちゃんの活動をして3年。2011年は作品展をしたい。納得がいくまで徹底的にやりたい次第であります。
それでは2010年も、残すところ1時間になりました。つまり、残すところ2時間から1時間この日記を書き続けてきたことになります。そういえば、この前、塾生と話をしていて、初夢は31日から1日に見た夢か、1日から2日にかけて見た夢かをきかれました。31日から1日にかけてだとばかり思っていたけれど、そう聞かれれば迷いが生じ、深く考えたことがなかったと謝りました。
長くなりましたが、今年も、こんな楽雲庵塾の更新を楽しみにしてくださった塾生諸君に感謝をいたしますとともに、塾生の御多幸をお祈りいたしまして、2010年、最後の更新といたします。
2010年よ、ありがとう。


したっ。