読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

180000のラブレター(7)

あの場面で二人っきりになるなんてなあ。
俺は昨日のパチンコ会館王将の出来事を思い出していた。
今日は、携帯電話のメールが気になって仕方がない。
メールが来るたびに、あの女性店員からのメールかなって期待を膨らませて見ている。
こんな時に入ってくる電気屋の宣伝メールがうざくて仕方がない。
期待しては、はずれ、その日は結局、メールはこなかった。


手紙を渡して2日目。
今日も、携帯電話を期待して見ている。
誰かに相談しているだろうかと考える。
仮に相談したら「そんなパチンコ屋に来る男なんてろくな奴いないよ」とアドバイスするだろうなあと悲観的になる。いや、客観的になる。
あの女性店員は迷っているだろうか?
そうして2日目もメールはこなかった。


3日目。
今日、メールが来なかったら、たぶんもう来ないだろう。
メールアドレスを書き間違えただろうか。
電話番号も書いておけば良かったか。
手紙をもっと長くかけば良かったか、後悔の念がよぎる。
そうして3日目もメールはこなかった。


4日が経ち、5日が経ち、1週間が経ち、10日が経った。
結局、メールは来なかった。


あの日をさかいにパチンコ会館玉将にも行っていない。
これからも行くことはないだろう。


あんな好みの人に会うことも、なかなかない。
なかなかないが相手が何とも思っていなかったら仕方がない。
これが現実。
これでふられること6回目。
いや、これはふられたうちに入るのか?
食事を誘って断られるのもふられたうちに入るのか?

まあ、どっちでもいいや。
どっちにしろ、一目惚れは幕を閉じたんだから。

メールが来なかったのは残念だったけれど、
何か、すっきりもしている。


やっぱさ、好きという気持ちが溢れてきてどうしようもなかったら告白すべきだよ。
緊張しまくりながら告白すべきだよ。

無様になろうが、
人に馬鹿にされようが、
泣こうが、




好きなら好きだと言えば良い。




おわり。




−−−−−−−




読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます