北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

俺はカツゲンに負けたのか!?

楽雲庵塾塾長サイン入りカツゲンを送った時の、
コータさん(N7のオーナー)のリアクションは俺の予想を超えた。
あんなに喜んでくれるなんておもいもしなかった。
カツゲンで、あのリアクションだったからな。
楽雲庵塾本第二巻第三章のリアクションも間違いないだろう。
それくらいの自信はある。渾身の仕上がりだった。
もうそろそろ届いた頃だよな。
もうそろそろ届いた頃だよなと思いながら、
一週間が経ち、一ヶ月が経った。

ん?

連絡が来ない。連絡が来ないじゃないか。コータさん。
もしや、もしや、コータさんの心に届かんかったのか?
送ってから1ヶ月だからな。確実に読んではいるよな。
もしや、もしや、感想が言いづくて連絡をしづらいのか?

俺はカツゲンに負けた。
俺はカツゲンに負けた。
軽い感じで出したカツゲンに負けたのかああああああ。

妹も、俺の傷口に塩を塗る。
「本、喜んでくれた?」
軽い感じで質問をしてきて塩を塗る。

が、しかし、俺の立ち直りは早い。
今回、響かずとも、あれはまだ4分の1にすぎない。
4分の1で、心に届けという方に無理がある。
コータさんは最終章を待っているんだな。
そうか、最終章を待っているのか。
第三章の物語は、何かと、コータさんも知っている物語だからな。
こうして、楽雲庵塾第二巻第三章を送り二ヶ月が経過した10月。つまりは今月。
本のリアクションについては、どうでも良い。とりあえず良い。
N7を閉めてから2ヶ月が経過していたから、
コータさんが元気にしているか電話をしてみることにした。

電話に出ない。
コータさん。感想が言いづらかったら、言わなくたって良いんだぜと心の中で呟いていたらメールが入ってきた。


「現在、塾長の電話は受付していません」


おいっ!俺は携帯電話に無言でつっこんだ。
うけた。にやけながら続きを読む。


「送りたいものが完成したので近々送ります。届いた頃に電話します」




※おもいのほか、長くなったのでつづく。




*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます