読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

楽雲庵塾本第2巻の本の表紙とタイトルの話をちょっとだけ

rakuunanzyuku
実はね、本の表紙とタイトルがもう決まってるんよ。

今のところ、本が完成した時点で、
一気に発表しようと思っているから、
画像とかでは、まだ載せれないけれども、
ちょっとだけ話したくて、こうしてブログに書いてます。


表紙は、ある人(以下、ミスターX)に依頼したんだよね。
ミスターXは、WEB上でも日記を書いていて、
ミスターXの、ある日の日記を読んでいる時に、
そうだ、この人にお願いしよう、やべぇ、めっちゃ良いアイデアだって、
興奮して、ミスターXにメールを送ったところ、了解をもらったんだよね。


今日、改めて、ミスターXの、その日の日記を読んでみた。
2008年9月4日の日記。
通りがかりのおじさんが、ミスターXの作品を観て興奮するって内容の日記。

塾長ブログを、その頃から読んでいる塾生諸君はわかると思うけど、
2009年に、ぱったりと楽雲庵塾第2巻の話を書かなくなった。
本来なら、できるぞ、できるぞってな内容の話を、
このブログに書き、ミスターXに、その熱を送りたかったんだけど、
さっぱり書けなくなった。

そして、2年近くが経つんだけど、
今月、とうとう、その表紙を手にしたわけ。
観た瞬間、イメージしていた通りだって思った。
いや、イメージ以上に、かっこいい。
そして、その表紙を見た瞬間、本のタイトルも浮かんだ。
これ以外、考えられないって。


というわけで、本を書き始めていない段階で、
表紙とタイトルは決まったという、今までにない状況からのスタートを切ったわけ。
いつもは、本の表紙もタイトルも、一番、最後に考えるんだけどね。


本を書いている途中につまったら、
俺その表紙を見て、自分自身を奮い立たせようと思っている。


ありがとう、ミスターX。



*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます