北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

クワガタとカブトの話

学生諸君は夏休みに入ったみたいですが、
クワガタやカブトは、もう捕りに行きましたか?

虫で、あそこまで重宝されるのも、クワガタとカブトくらいなもんです。
カラフルさからいったら、コガネムシの方が綺麗なのにね。
コガネムシは、クワガタやカブトに嫉妬しているのかね?
それとも、あぶねぇ、あぶねぇ、人間に捕まらなくて良かったぜって思ってるのかね。

今日は、そんなクワガタとカブトの話をしたい。


うちの母さんは、暇があれば、庭いじりをするのが好きで、
たまたま実家に帰ったその日も、母さんは、庭いじりをしていた。

「あら、クワガタだわ。キャベツの中にクワガタがいた」

母さんは、小学生のように、ちょっとだけはしゃぎながら、
茶の間で、ゴロゴロしている俺に向かってそう言った。

どうせ、ゲンゴローとまちがってんだろ?
そんなことを思いながら、母さんが、クワガタだと掴んだものを見た。

「それ、クワガタじゃなくて、カブトだよ。カブトのメス」

「あら、クワガタじゃないのね。カブトなのね」

すげぇ、カブトじゃないか、そりゃあ、カブトだよ、母さん。
そんなリアクションを求めていたのか、
俺が、はしゃがないことに残念な顔をしていた。
俺は、もうそんな年じゃないのだよ、母さん。

確かに、一度だけ、大人になってからカブトを飼っていたことがある。
新潟にいる時にね。
俺の子どもの頃の北海道には、カブトがいなかったから、一度、飼ってみたくてね。
助さん、角さんと名付けて、飼っていた。
ただ、今は、もう興味ない。
カブトと母さんには申し訳ないけど。

「クワガタは、暑くてキャベツの中で休んでいたのかね?」

「だから、それは、クワガタじゃなくてカブトだって」と言おうとしたが、
めんどくさいから言うのはやめた。

「それにしても、クワガタがいるなんてね」

母さんは、俺も、はしゃげって言っているように、
一人ごとを言っていた。





*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます