北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

REDdays(4)


今年に入ってN7は『Holiday Books』っていう中古本屋さんを不定期でやっていた。
ユースカルチャーから子供の絵本、小説・・・。

『REDdays』の時も、2階が、そのスペースになっていた。 (上の写真)



『Holiday Books』に置かれている一冊のアルバム。
俺は、以前から、このアルバムを見るのが好きで、何度となく見ている。
N7ができるまでの写真。
何度、見ても、本当、良い写真だと思う。



『Holiday Books』には、楽雲庵塾本第一巻も置かれていた。
ポストカードと一緒に。
思わず、自分で書いた本を開いてパラパラと読んだ。

この本は2007年、コータさんにプレゼントしたもので、
ずっとN7に置かせてもらっている。
もちろんサイン入り。

そのおかげで、「作品を見て、会ってみたかったんです」と言ってくれる出逢いもあった。





今回、書く話は、その『Holiday Books』に置かれていたポストカードにまつわる話だ。





N7を出て風俗街を抜けてすぐのところにあるコンビニでコピーをとってN7に戻った。
戻ってすぐに、「塾長、それにしてもタイミングが悪いっすね」とコータさんが苦笑いしながら言った。

「さっきのお客さん、ポストカードを買っていってくれましたよ」

「まじっすか・・・。俺の前のおじさんがコピー長いんすもん。俺がいない方が良いんすよ。いつもそうだ。俺が観た巨人戦は、巨人が負ける。だから、俺は巨人戦は観ないようにしてるんすよ(巨人に勝って欲しいから)」


その日は、ほぼ一日、GALLERY N7にいたんだ。
この前もそうだ。俺がいない時にポストカードが売れる。
俺がいる時はポストカードは売れない。



深々と頭を下げ、直接、お礼を言いたかった。
なんなら、ポストカードにサインも書いたのに。



REDdaysでポストカードを買ってくれた方々に、この場でお礼を言いたいと思います。


ポストカードを買っていただき、ありがとうございました。
直接、お礼も言えなかった無礼者ですがお許しください。
今度、会った時は、GALLERY N7でポストカードを買ったものですと言ってください。
直接、お礼を言わせてください。





*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。