凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

パスマガジン7月号

先週、新潟から遊びに来た後輩に1冊の雑誌を頼んだ。


「これ頼まれていた雑誌です。」

「おぉ、ありがとな。待ってたよ」

「この雑誌読んだんですけど、欲しいって理由わかりました。さすがに同じ店で2冊買うのは恥ずかしかったんで、2軒行きましたよ。1冊は保存用ですね」

「まぁ、そんなところだ」

そんなに深くは考えていない。
なんとなく2冊だ。


その雑誌は「Pasmagazine」。




このPasmagazineに、「GALLERYN7」の特集が6ページにわたって載っている。





夜中に、1人、ページをめくった。




コータさんらしいや。




コータさんのインタビュー記事を読みながら、そんなことを思った。
すごい肩の力が抜けている、すごい良い記事だった。

N7の名前の由来、
始めようと思った理由、
やめようと思った理由、
N7が伝えたかったことなんかが書かれていた。

N7の名前の由来だったり、
始めようと思った理由だったり、
N7がやろうとしている話が、
すごい好きなんだよね。
何度、聞いても良い。


最初に会った時は、
「こんな身近に、こんな人、こんな場所があるのか!」ってめっちゃ熱くなった。


すごい嬉しくてね。
こんな想いで行動している人がいるんだなって。


あまりに浮かれて、その後、車を立て続けに3回ぶつけた。


いや、車をぶつけたのは、浮かれていたせいじゃない。
呪われてたんだな。

「呪われてるんっすかね」と周りに話したら、
「ただ、あなたが不注意なだけでしょ」って、そのままストレートに返されて、へこんだ。


あの年の4月は忘れられない。
N7の力になりたい、恩返しをしたいって想いは、今もなんら変わらない。


N7は、ここのところ立て続けに作品展をしてるから、
少しでも行こうかなと思った人は、絶対足を運んだ方が良い。



もちろん、俺も行く。



『REDdays』N7 5th Anniversary Exhibitionにね。







本当、いろんな人に、N7を知ってもらいたい。





*****



N7の今後のスケジュール



N7企画展EXPRESSION 五十嵐洋志スナップ写真展〜東京monochrome〜

日時:6月18日〜22日 14:00〜20:00(21日18:00〜24:00キャンドルナイトを開催)
場所:GALLERY N7
料金:入場無料
問い合わせ先:GALLERY N7 新潟市中央区東堀通5-443 tel.025-211-2740
五十嵐洋志さんのサイト:BLACK COFFE


『REDdays』N7 5th Anniversary Exhibition

日時:7月2日〜8日 12:00〜20:00
場所:GALLERY N7
料金:入場無料
問い合わせ先:GALLERY N7 新潟市中央区東堀通5-443 tel.025-211-2740


*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。