読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

語ることがなかったもう一つの物語(2)

rakuunanzyuku
地震の爪跡は、がっつり残ってはいるが、
余震もだいぶん落ち着いてきた1週間後の2007年7月22日。


預かってもらっていた作品の撤去と精算を済ませるため、
再び、新潟市にあるGALLERYN7に向かった。


「こんにちは」

「おぉ。大丈夫ですか、塾長」


このN7に足を踏み入れる時はいつも何かしらないけど嬉しくなってきて、自然と笑顔がこぼれる。


「あの日のままなんですね」


GALLERYN7は、楽雲庵塾展最終日のままだった。


壁には作品が並べられ、
中央のテーブルにはファイルが並べられていた。


「あれから1週間、作品展を続けてました。通りすがりの人も見に来てくれたんですよ」


てっきり片付けられているものだと思っていた。
片付けていないにしても、
作品展以外のN7は不定期に店を開けるから、
店は1週間閉まっているものだと思っていた。


楽雲庵塾展は7月14日から16日の3日間ということになっていたけれど、
実質、9日間おこなわれたことになる。



片付けを済ませ精算。
売り上げの3割を店に支払うことになっている。

恩返しをしたいから、少しでもバックをしたいけれど、俺の実力は微々たるもの。
これくらいしか恩返しできなくて申し訳ないと心の中で呟き、
3割分のお金をオーナーのコータさんに渡そうとした。


「いや、これは受け取れません」

えっ?俺は俺で少しでも恩返しをしたい。
「これが約束だから受け取ってくださいよ」と拒む。

「いや、今回は地震があったし受け取れません」


膠着状態。
考えた末、俺が折れる。

「わかりました。それじゃあ、このお金は地震で被害にあった人達に渡るようにします」



自宅に帰る途中、
地震で被害があった街のコンビニに寄って、
レジの隣にある箱の中に入れた。


車に戻り、コータさんにメールを送る。



「今、コンビニで募金をしてきました。1万円札を入れたのに、レジの人はびびりもしません」




楽雲庵塾展1週間後の語ることがなかった物語。





*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。