北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ピクニック

距離が近くなった方が、北海道を離れている頃より、地元の友達と会ってないんじゃないかと、ふと思った。
いつでも会えると思っていたら、あっという間に1年なんてたっちまう。

せっかく実家に帰るし、久しぶりに、地元の友達にでも会おうかとメールした。


「お天気なら、お弁当を外で食べようか」

「じゃあ、俺は紙芝居を持ってく」

友達は、子持ちが多いから、青空の下で、紙芝居でも読んでやろうかなとメールを返信した。



プロジェクトA2。
俺が小学生の頃、作った紙芝居のタイトルだ。
ジャッキー・チェン主演のプロジェクトAをパクってつけた。ジャッキーは、どこにも出てこないけどね。
自分が出た保育園、幼稚園に紙芝居を作って渡しにいこうって、授業で作ったんだけど、あまりにも気に入った紙芝居に仕上がったもんだから、やるのはもったいないなと、家に持って帰ってきた。

ピクニックに行く前に、紙芝居の内容を確認する。


…やばい、これじゃ、子どもの心を掴めない。
あの頃は最高だなって思ってたんだけどなぁ。

予定を変更し、図書館で借りることにした。
が、しかし、住所が地元にないから借りることができない。グッバイ


結局、体を使って遊んだ。


また、紙芝居を作ってみようかな。



*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。