北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

うっかり八兵衛(うっかりハム太郎)

財布を落とすと言うことは、金を落とすだけにとどまらない。

財布には、免許証も入っていたわけだ。

今までになく、悲惨なゴールデンウィークを終え、早速、免許センターに行った。
名前を呼ばれ、カウンターに辿りついた俺に、中年の男性職員が、訝しげな顔で、こう言った。


「免許証・・・。期限切れてませんでしたか?」


免許証の期限が切れている・・・。
何だ、何だ、財布の次は免許証か、次から次と・・・。
泣きっ面に蜂。
しばし、混乱した。

「いや、いや、いや。そんなわけないです。何せハガキを見た覚えがないですからね」

免許証更新の数ヶ月前に届くハガキを見ていない。
そんなハガキを見落とすわけがないと俺は説明した。

「免許証を最後に見たのはいつですか?」

「5月2日です」

5月2日。
正確にいうとその日は、俺が財布を落とした日であって、
最後に免許証を見た日ではない。

普段、免許証の期限なんて、まじまじと見ないからな。
その男性職員の方が正しいのだろうと我に返った。

「ハガキは見た覚えはないけれど、たぶん、切れてたんでしょうね。それで、どうすれば良いですか?」

「免許証の再交付ではなく、特定失効者にあたります。6ヶ月以内ですので、講習を受けるだけで大丈夫です」

6ヶ月以内に発見できたなんて、ラッキーじゃないですか。
中年の男性職員の声が、そんなふうに聞こえた。


確かにラッキーかもしれない。

免許証の再交付に金を払うのであれば、
免許証の更新に金を払う方が、まだましだ。
更新は、確実にしなきゃならないからね。

それにしても、俺は、こんな機会がなければ気づかなかった。
警察に捕まりでもしなければ、
ずっと期限が切れたまま過ごしていただろう。


こんなに、おっちょこちょいで、うっかりな自分自身に嫌気がさしもするが、
今日のところは、ラッキーだったということにしておく。





*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。