北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

虎穴に入らずんば虎子を得ず

虎穴に入らずんば虎子を得ず。
虎穴に入らずんば虎子を得ず。
虎穴に入らずんばぁぁぁ。

そう心の中で叫びながら、ある場所を目指す。

新年早々、大嫌いな歯医者に行き、虎穴に入らずんばを目指す2010年。
まずは、ここからだ。


前回は、歯医者に通っている時期に、新潟のでっかい地震が起きて、
「水がでないならしょうがないね」と半ば、自分自身に言い訳をして、
歯医者から逃げた。

逃げること3年。
再び歯が痛い。


歯医者さんには、申し訳ないが猛烈に嫌いなため、
何か楽しみを見いださなければ耐え難いと、しばし黙考。
そうだ。妄想が良い。

歯科衛生士さんは、マスクをしている。
マスクをしているから、目を見て、その人がかわいいかを想像する。妄想する。

「どんな人が好みですか?」って質問を受けて、
うまく説明できずに困ることがある。
確かに、好みの女性ってのはある。
あるけれど、うまく伝えられない。
考えた末、俺は、目が重要なんだなってことになった。
言葉でうまく説明できないけれど。

そんなことを考えながら、
歯医者の待合い室で座っていると、
正面に、スタッフの顔写真があるのが目に入った。

いや、ここで、顔を見てしまっては、
俺の妄想する楽しみが奪われると、
写真から目を背けた。

そうこうしていると、
名前が呼ばれ、
女性を見上げると、
マスクをしていない。


グッバイ


妄想終了。






そんなわけで、2010年も始まりましたね。


今年もよろしくお願いいたします。




*****

読んでくれてありがとう。2010年一発目のクリックを景気よくお願いします。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。