北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

半ズボン戦争

以前、いじめをテーマにした絵本を書いたことがある。
あまりにも、主人公が可哀想で、途中で書くのをやめた。
いじめがテーマってのは難しい。

今回、紹介する本は、いじめがテーマ。
未だかつて、いじめをテーマにした本を読んだことがなかったから新鮮だった。

一言で言うならばリアル。

なぜならば私小説だから。
小学生の頃のいじめられた経験をもとに書かれた本。

主人公は35歳になって、いじめられた人に会いくに行んだけど、
その行動は、考えさせられるものがある。

俺ならできんだろうなと思う。
いじめられた経験は、
振り返りたくないし、
心の奥底のもう開けることもないだろう箱の中に封印するだろう。
だから、いじめられた人に会いに行くこともないだろう。
仮に会ったとしても、話したいことが浮かばない。


ただ、この人だけではなく、俺の友達にも、同じような考えを持っている人がいる。
「いじめられた人に会いたいんだよね」とその友達も言っていた。



話がちょっとそれるけれど、
この前、ふと友達に対して傷つけた言葉を言った過去を思い出した。

すぐ思い浮かぶのでも3つある。

傷つけた言葉を言った奴は、
それほど考え無しに言っている場合もあって、
忘れちゃっている場合もあるけれど、

中には、数十年たった今でも、
後悔の念とともに心の中に残っているものもある。
覚えているからって許されるわけじゃないけれど。


*****


↓今日、紹介した本は、こちらです。
半ズボン戦争
岸川 真
幻冬舎

このアイテムの詳細を見る



*****


この本で、紹介してきた本が100冊になりました。


*****

読んでくれてありがとう。めんどくさいだろうけどクリックをお願いします。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。