北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

色即ぜねれいしょん

本屋で見かけた一冊の本。

赤い帯には、”青春小説の金字塔、待望の映画化!![監督]田口トモロヲ[原作]みうらじゅん・・・”と書かれていた。

監督が田口トモロヲで、原作がみうらじゅんといえば、
俺の好きな映画”アイデン&ティティ”のコンビじゃないか!

これは、俺のストライクゾーン間違いないだろ。
わくわくして、読んだのが、今回、紹介する本、”色即ぜねれいしょん”。


男子校に通う高校一年生、彼女なしの童貞。
そんな彼女なし童貞の男3人が、
セックスができると信じ、夏休みに隠岐島へと向かう。
3泊4日だったかな。

恋の話は、好んで読まないけれど、こういう話は良い。
もてない男ってのが良いんだろうな。

時に情けなかったり、時にがんばってみたり、時にせつなかったり。


色即ぜねれいしょん (光文社文庫)
みうら じゅん
光文社

このアイテムの詳細を見る



*****

読んでくれてありがとう。めんどくさいだろうけどクリックをお願いします。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!