読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

月光(2)

pandachan

俺は、来た道を引き返した。


『このまま帰るのも、なんか、もったいないな。
どうせなら、温泉にでも入っていくか』
そう思った俺は、”吹上温泉”で車を止めた。
駐車場には、2台の車が止まっていた。

吹上温泉に来たのは二度目だ。
一回目は、高校を卒業して、すぐの頃、
数人の友達と来た。

この温泉は、無料の露天風呂。
電気がなくて、その時も、夜中に来たから、
まったくもって、あたりが見えなかった。
服を入れる”かご”くらいしか置いていなかったような気がする。
思いっきり、すべって、けつを打った。
そんな記憶しかない。


俺は、車に入れて置いた、
いや、置いたままになっていたバスタオルを手にし、
吹上温泉に向かおうとした。

が、あまりの寒さに、
気持ちまでも、一気に氷点下。

家の風呂に入った方が良いな。
外に出て1分足らず、
再び、車に引き返し、ハンドルを握った。

一本道を引き返す。

そして、T字路にさしかかる。
このまま右折をすれば、
上富良野の町に出て、
あとは帰るのみ。
帰路。


『やっぱり悔しいなぁ。こんなに月が綺麗なのに・・・』


後ろ髪を引かれ、再び、ブレーキを踏む。
車を止め、顔を左右に動かし、周りを見渡す。


ん?


一つの灯りが見えた。


望岳台をひたすら目指してきたから、
あんなところに灯りがあることすら、
目に入っていなかった。
行けるのか?
灯りがあるってことは、行けるのだろう。
行けなければ、引き返せばいい話だ。

標高から言えば、
ここより、さらに上の地点に、
その灯りはあった。

俺は、来た道とは逆、つまりは左折し、
その一つの灯りを目指した。

思いのほか、急勾配。
ただ、確かに、そこには道があった。
丁寧に除雪をした跡もある。

一気に車で駆け上る。
こうして、よくわからない場所に辿り着いた。


上富良野八景”


木で作った立て看板が雪とともに立っていた。
俺は、車から降り、
なんとなくある足跡を辿り、歩く。



すげぇぇぇ。


すごいけど、怖い。


怖いし、寒みぃぃぃ。



落ちたら、のぼってこれねぇぞ、この高さ。
そして、この寒さ。
こえぇぇ。
怖いけど、綺麗。


俺の目の前には、
月光に照らされた、
青白い世界が広がっていた。



車に引き返し、友達に電話をした。
「よくわからねぇけど、すげぇところに辿り着いたぞぉぉ」

すでに次の日。
1:00。


三脚を車から出し、
カメラをセットする。
シャッタスピードを遅く設定する。
シャッタスピードを遅くするってことは、
ボタンを押して、すぐには写真が撮れない。
待つ時間ができる。
待っている間も凍え死にそうだ。

この痛いような寒さ。
久々だ。

たぶん、この寒さからいくと、マイナス20度。
雪がキラキラと光っている。

あまりの寒さに、写真が撮れるのを待ってられない。
ボタンを押して、ダッシュで車に戻り、
再び、撮れたかなと、現場に戻る。
何度となく、繰り返した。



次の日、いや、その日の朝、
母が何気なくこう呟く。
「朝、マイナス20度になったみたいだね」



俺の野生の勘は健在だった。



*****


にほんブログ村←めんどくさいだろうけど、クリックを押してってください。


人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!クリックは更新意欲をかりたててくれてます。