読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

月光(1)


月は満ちた。

満月かどうかはわからない。
わからないが、ここを逃すと、
今度、いつ写真を撮れるかはわからない。

作品作りのため、
俺は、目的地に車を走らせた。


『ぼうがくだいの写真を撮るには最高の月となりました。これから行ってくる。』
友達にメールをしたのが18:36。

友達に聞いた望岳台(ぼうがくだい)という場所で写真を撮るため、
車を走らせること1時間あまりが経過。
メールを送った友達から電話がかかってきた。

「こっち曇ってるよ」

「まじで!?いや、今更、引き下がれないぞ」


俺は、何度も、月が出ているのを確認し、
途中、実家により、母から、
「月なら、ここから撮れば良いのに」という言葉を振り切り、美瑛を目指す。
確か、美瑛に行った時に、”望岳台まで20�q”って看板があったはずだ。


そして、その望岳台まで20�qの看板の地点を通り過ぎ、
さらに前進。

看板を確認し右折。



『通行止めになってる。ぐがぉぉおお』
友達にメールをしたのが22:47。


再び電話が鳴る。

「月出てる?」

「あぁ、出てるよ。だけど行き止まり」

上富良野の方から行けるよ」

その友達の言葉を聞き光明が射す。
ここまで来て、望岳台に行けないなんて、
気持ちのやり場に困る。


俺は、電話を切り、上富良野を目指す。
どうも、望岳台に行くためには、2つのルートがあるらしい。
美瑛から行くルートと上富良野から行くルート。


友達が電話で言っていたように、
望岳台を目指す、道は険しく、道路は当然とばかりに凍結。
道路脇の雪は、どんどん、その高さを増していった。

上へ、上へと突き進む。

時間も時間。場所も場所だから、
すれ違う車は、極端に少ない。


吹上温泉”。


北の国から”でも出てきた温泉を通りすぎ、さらに前進。



『・・・・・』



『ここから、道がなくねぇか・・・』


タイミングよく友達から電話が鳴る。
23:40。


「望岳台に行く道がない」俺は落胆の声で、そう呟く。

「一本道だぞ」

俺は、行き止まりになっている温泉施設の駐車場をグルグル回る。

「やっぱり道がない」

方向としては間違っていないが、
雪が分厚く、望岳台へは行けないことが明らかとなった。

「とんでもないところ教えちゃって、申し訳ないな」

「いや、良いんだ。その神秘的な景色を観たかったんだからさ」


望岳台まで、あと4�q。



月は優しく光を放ち、
あたりは青白かった。








*****


にほんブログ村←めんどくさいだろうけど、クリックを押してってください。


人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!クリックは更新意欲をかりたててくれてます。