読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

シンデレラマン

この物語は実在する。

一人のボクサーの物語。
手を骨折し、引退を余儀なくされたボクサー、ジム・ブラドック。

1929年、世界恐慌
引退をしたのは、この世界恐慌のまっただ中。

街は、失業者であふれかえり、
生活もままならない人々で溢れていた。

ジム・ブラドックも、その一人。
彼には、妻、子ども三人と愛する家族がいたんだけど、
その家族を支えるため、骨折した手を隠しながら、
日雇い労働で、食いつないでいく。

その日雇い労働も、毎日、ありつけるわけではなく、
明日、食う金もままならない状態で、
生活は困窮していく。

そこに、訪れた一つのチャンス。
一夜限りの復帰戦。

出場する予定だった選手が出られなくなり、
その代打みたいなもん。
だから、一夜限り。

この一夜限りの復帰戦は、
この物語の序章にしかすぎなかった。


映画を観ながら、
愛する家族を守るためとは言え、
ボクシングというスポーツで、
ここまで、できるのか?と思った。
スポーツには、ピークってもんがある。

ただ、この物語は実際にあった話。

妻の支えや、友人でもありマネージャーでもあるジョーの支えなんかも、すごく良い。
そして、家族を守ろうとした一人の男の姿に、
本当、勇気をもらえる。


この映画に出逢えて良かった。



*****


にほんブログ村←読んでくれてありがとう!最後にクリックをお願いします!いつもクリックしてくれている人、ありがとう。


人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!クリックは更新意欲をかりたてる。