北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ひゃくはち

年が明ける数分前から、俺は、NHKをつけることが多い。
テレビで除夜の鐘を聞く。
何か年が明けていく感じがする。

鳴らす鐘の数は、108。
何やら、人間の煩悩の数らしいね。
その煩悩を打ち消す為に、鐘を鳴らす。

ひゃくはち。

昨年、俺は本屋に行った時に、
この”ひゃくはち”というタイトルの本の表紙を見た。

タイトルの”ひゃくはち”。
それは除夜の鐘の数から来ているのだけれども、
この本は、高校野球を舞台とした小説なんだわ。

ちょっと読もうかと思ったら、
次が気になって、ぶっ通しで読み、
一日にして読み終わった。

そして、余韻に浸るかのようにページをめくり、
最後の著者紹介のところにさしかかった。
何となく目を通す。
同い年かぁ。


話を本の内容に戻す。
本を手に取る前は、
野球を言葉で表現するのは難しいよなと思った。

ただ、読んでいくうちに、確実に引き込まれた。

主人公は、野球が飛び抜けてうまいわけでもなく、
甲子園を夢みて、強豪校に一般入試で入る。
主人公は補欠。

野球以外にも、家族がいて、友達がいて、恋もある。

26歳の今と、18歳の高校時代で交互に話しが進む。
それも、今の俺と重なるきっかけになったんだろうな。

最後まで、気になる本だよ。



※今日、紹介した本。

『ひゃくはち』早見和真:集英社



*****


にほんブログ村←読んでくれてありがとう!最後にクリックをお願いします!



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!