北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

『容疑者Xの献身』東野圭吾:文春文庫

俺は、本屋に行き、平積みされている本の数々を眺め、
それにしても、よくこんなに本を書けるよなぁと感嘆した。

長い年月をかけて、書き溜めていた作品とかもないと、
こんなに本を出せないよな。
書き溜める前に、これだけの物語を作ること自体がすげぇなと、
一冊の本を手に取った。


『容疑者Xの献身』


俺が買おうと眺めていた作家は、”東野圭吾”。
東野圭吾が書いた小説が、ずらりと平積みされていた。

本を買う時は、ミステリを全くといっていいほど選ばない。

ただ、「東野圭吾おもしろい!」という声はよく聞くし、
そんなに多くの人を惹きつける本が気になった。


本を読みながら、どんどん物語の世界に引き込まれている感覚を味わう。
次が気になって仕方がない。
睡眠時間も、若干、削るくらい、先が気になった。


物語は、天才数学者が好意を寄せていた隣に住む母と娘の犯した
殺害を庇うための計画を企てることで進む。


最期の方で、物語の展開に吃驚した。
想像の域を超えた。



*****


にほんブログ村←読んでくれてありがとう!最後にクリックをお願いします!



人気ブログランキング
↑携帯電話で見ている方々!携帯電話からもクリックできるようになってます!ぜひ。