北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

人生は要約できない

”人生は送りバント”。

居酒屋のトイレで一枚の張り紙を見た後、
俺は、どんな意味かをいろいろ考えた。

何か、人生とバントは相通ずるものがねぇな、
何か、納得いかなんなと思っていた。

そして、数日前、
日記で、このタイトルの文章を書くにあたり、
インターネットで”バント”と検索してみた。

そうしたら、この”人生は送りバント”という語句がヒットし、
そのページを眺めて、やっとこの意味を知る。

ジャイアンツ、川相選手へ、
ファンが掲げていた横断幕に、
この”人生は送りバント”と書かれていたのだ。
そんな画像を発見した。

バント職人、川相。
その川相なら、人生は送りバントという言葉も似合う。
なるほどなと一件落着。



”人は知らないものにぶつかった時、まず何をするか?”



検索する。


俺は、本を読みながら、「確かにな」と心の中で呟く。

インターネットで調べるってのは、
俺もたまあにする。
実際、数日前に、”バント”で検索した。

俺が、読んだ本は、この”検索”から”監視”が始まり、
いろんなおっかない出来事が起こるってな話。


伊坂幸太郎の『モダンタイムス』を読んだ。


俺は、新刊の漫画を楽しみにしているように、
小説でも新刊が出るのを楽しみにしている作家が数人いる。
その一人が伊坂幸太郎
新刊『モダンタイムス』。

本を読みながら、
監視されるきっかけにとなった検索語句を、
実際に検索してみたい衝動に駆られるが、
おかねぇからやめておこうと、
この本がフィクションなのにもかかわらず、
俺は、その勇気すらない。

次の展開が気になって止まらない。
本を読みながら、どんな展開かを想像するけれど、
その想像を超えるから、おもろいんだろうね。

そして、伊坂幸太郎の本が好きな理由の一つに、
登場人物が、かっこいいセリフを言うんだよね。



”人生は要約できねぇんだよ”。



日常の取るに足らないことが、
一つ、一つ大切だとは、
俺には思えないけれど、

たわいもない会話や、
当たり前のように行われていたことが、
時には大事だってのは、
俺も思う。



*****


ブログランキング・にほんブログ村へ←読んでくれてありがとう!最後にクリックをお願いします!

人気ブログランキング
↑こちらも、クリックをお願いします。