北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

『コインロッカー・ベイビーズ上・下』村上龍:講談社

俺の読書週間は、読書月間にかわった。
それ程、読みたい本があるおかげだろう。

今日、紹介する本は、コインロッカー・ベイビーズ

コインロッカーに捨てられ、乳児院で育てられたキクとハシ。
鰐を飼う美少女、アネモネ

3人の凄まじい物語。
本当、凄まじい。

ただ、何かしらないけど、もがき生きる姿に、勇気をもらえる。
先のことを考えると不安で、怖くなる時があるんだけど、
この本を読みながら、怖がってばかりもいられないよなって気分になってきた。

「自分の欲しいものが何かわかってない奴は石になればいいんだ、・・・だって欲しいものが何かわかっていない奴は、欲しいものを手に入れることできないだろう?石と同じだ・・・」
(コインロッカーベイビーズ下P102)


キクとハシって名前も良い。