北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

駆け抜けてきた桜前線は終宴を迎える


日本を駆け抜けてきた桜前線は終宴を迎える。

最後に到達する場所は、北海道、東の端、根室(ねむろ)。
根室にある清隆寺で舞う。

いつだったか、テレビで見て以来、頭の片隅にあった桜。

その桜を追い、俺はひたすら夜道をかっ飛ばす。
東へ、東へ、かっ飛ばす。

途中、車で眠り、早朝6時半、再び、その場所を目指し、ハンドルを握る。

北海道の東は、今まで行ったことがない。
行ったことがない土地の景色を眺めるのも、また楽しい。
のんびり早朝の景色を眺め、走る。

右手にはオホーツク海
やっぱり海は良いなとか思いながら、辿り着いた場所。
根室、清隆寺。

ここの桜、「チシマザクラ」という。

幹は見当たらず、土からは、何本もの枝がわかれる。
背は、俺の身長より少し大きい。
花びら小さく、その花びらには、いくつもの水滴がついている。
昨日は雨だったのか。
朝日を浴び、きらきら光る。


今年も、あっという間だったなぁ。
柔らかい風を、今年もありがとう。





*****

第3回ポストカードコンテストinデザインフェスタ

時:2008年5月18日
場所:東京ビッグサイトデザインフェスタ内』
内容:ポストカードを展示し一般投票を元に審査。
※楽雲庵塾からは3作品(うち1作品新作)を応募しています。