北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

『ぶらんこ乗り』いしいしんじ:新潮文庫

俺は、本を読み終わり、もう一度、手紙を読んだ。

今日、紹介する本は、手紙と一緒に同封されていた贈り物。
本の贈り物ってのは、なかなか嬉しい。

初めて読む作家、いしいしんじさん。

本の半分くらいまでは、切ないなって、胸がしめつけられる感じだったんだけれど、
半分すぎくらいから、驚きもあったり、ちょっとした嬉しさもあったり、次が気になって、一気に、最後まで読んだ。

本の最後の方で、この本を俺に、贈ってくれた人の気持ちも伝わってきた。
ただ単に、自分の勘違いかもしれないけれど。

この本は、別れがテーマみたいな本。
つまり、俺が、新潟を後にして、すぐに贈られてきたこの本は、何か、励ましのようにも感じた。そんな本。