北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

カーステレオ

「タイトルは、顔みたいなもんだからなぁ」
俺は、土曜日に控えた個展のタイトルを考えていた。
色々、浮かんでは、「しっくりこねぇな」と、未だ、未定のまま。

そんなことを考えながら、俺は1枚のCDを手に取り、カーステレオに入れる。
カーステレオから流れてくる曲を聴き、一気に一年前に戻る。

ちょうど、こんな陽気だった。
春にしては、まだちょっと肌寒い4月。

俺は、初めて、フリーマーケットにポストカードを並べた。
場所は、今回の個展と同じ場所、新潟市、GALLERY N7。


カーステレオから流れてくる曲は、
その時、N7で、流れていたものだった。


曲と共に、数年前の記憶が頭の中を流れる。
記憶と共に、心が振動し始める。

「きついなぁ」

別れるのは、やっぱ、きつい。
わかっちゃいるけれど、きつい。

新潟で出逢った人々を思い浮かべる。

ふと、タイトルが思い浮かぶ。
「新潟」にすっか。
そのままだけれど、「新潟」が一番しっくりくる。
そして、個展で流す曲は、この曲にしよう。

タイトルと、個展で流す曲は決まった。
あとは、残りの作品を完成させるのみ。



楽雲庵塾展2008「新潟」
刻:3月29日(土)〜30日(日)12:00START
場所:GALLERY N7(新潟市中央区東堀通5-443)
入場料:なし

※29日(土)は、12:00〜16:00くらいまでの間しか、会場にいれそうにありません。30日(日)は、ずっといる予定です。