北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

運慶に励まされる


「運慶は、金剛力士像を60数日で立てたのかぁ。そんなら、俺も、なんとかなるな」

テレビを観ながら、運慶に励まされる。
あまりの1日の短さに、とうとう頭からは煙が吹き始め、
運慶にできたのなら、俺にもできるとわけのわからない論理で、自分自身に言い聞かせる。

普段は、同じような毎日を繰り返し、
明日も生きてるでしょ。明後日も生きてるでしょ。
そんな感じで、何となく過ごすことも、しょっちゅうだけれど、
何か、ここ最近は、1日、1日が貴重で、
大切に感じている自分に、珍しいこともあるもんだと過ごしている。

1つ、1つに時間がかかるので、
作品数としては前回の楽雲庵塾展よりも少ないけれど、
初公開のものは多い予定。


楽雲庵塾展2008「タイトル未定」
刻、3月29日(土)〜30日(日)12:00START
場所、GALLERY N7(新潟市中央区東堀通5-443)
入場料、なし

ちなみに、今のところ、29日(土)は、12:00〜16:00くらいまでの間しか、
会場にいれそうにありません。
30日(日)は、ずっといる予定です。