北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

臆病者、奮い立つ


俺の部屋で、時計の機能を果たす唯一のビデオデッキは、
停電があった時から、「――:――」のままで、
時間を知りたい時は、パソコンの右下を見るか、
携帯電話を見るしかない。

遊びに来た人に、
時計がないことを聞かれたら、
「ディズニーランド風」ってことにしている。

「時間を気にせず、楽しんでいってください」


俺がよく行く喫茶店。
その喫茶店は、マニュアルがあるらしく、
決められた言葉を、いつも同じように発する。

俺は、毎回のように、「灰皿を貸してください」って言ってたんだけど、
ある日、熊のプーさんのような店員が、
すかさず、灰皿を出してくれた。
そんなちょっとした行為が嬉しい。

「こんな心配りができるのは、もしや、店長か?」
その日から俺の中では、店長ということになっている。

ここ最近は、それほど、足繁く、通った。
通称、一人作戦会議。


それは、2008年、最初となる個展を開くため。


日にちは、3週間後、3月8日(土),9日(日)。
場所は、新潟市、Gallery N7。


時間の都合がつけば、是非。