北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

前と後

俺達は、結婚式に向かう途中、
除雪車を追い越そうとして、ハンドル操作を失い、
歩道を乗り上げ、雪山に激突した。

あれは20代前半の冬。
北海道。

俺達と言っても、2人しかいなく、
友達が、車のアクセルを踏めば、
おのずから、俺が、車を押すしかない。
押す矢先から、「こんなの無理に決まってる」と、
心の中でつぶやいた。

そうこうしていたら、ラッキーなことに、
親くらいの年代の夫婦が、助けてくれた。

俺達は、「ありがとうございました」と、その夫婦に伝え、
ラッキーだったとお互いを讃え合い車に乗り込んだ。

「いいか、結婚式では、このことは、絶対、口にするな。滑るってのは、縁起でもない」

俺は、これから受験を迎える友達と勘違いしたかのような、
「とりあえず、滑るってのは、縁起でもねぇぞ」って、
ハンドルを握る友達に言った。

友達もうなずき、俺達二人だけの内緒ってことになっている。


この前の土曜日の夜も、横転してもおかしくない道だった。
除雪車の後ろをチンタラ走る。

「油断するんじゃねぇぞ。楽しかった後に、事故るほど、虚しいもんはねぇ」
そんなことを思いながら、慎重に急いで帰った。

土曜日。ひさびさに再会を果たしたのは、
昨年の7月、楽雲庵塾展の時に出逢った人達。

「ひさびさに新潟に遊びに来る」って聞いたから、
その日を楽しみにしていた。

その後も用事があって、2時間くらいしか会えなかったんだけれど、
また、再会できたのが嬉しかった。


同年代は、同年代で、特別な連帯感みないなのがあって楽しいが、
いろんな年代の人達と出逢えるのも、また嬉しい。