北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

『アイデン&ティティ24歳/27歳』みうらじゅん:角川文庫

「YES」


虫眼鏡で見ないとわからないくらい小さな字で、天井に書かれていた文字。
その作品を見たジョン・レノンは、その作品を作ったオノ・ヨーコに恋をしたって聞いたことがある。

その話が、なんか頭の中に残っていて、
オノ・ヨーコと聞くと、この作品のことを思い出す。

この前、ファミレスで、後輩と2人、コーヒーを飲みながら、くっちゃべっていた。

ジョン・レノンオノ・ヨーコが好きなんですよ」

俺は、後輩が話す、「ジョン・レノンオノ・ヨーコ」の話を聞いた。
そして、「YESって作品の話も、以前、この後輩から聞いたんだっけ」と思い出した。

俺は、それからジョン・レノンオノ・ヨーコが気になっている。


今日、紹介する『アイデン&ティティ24歳/27歳』にも、
ジョン・レノンオノ・ヨーコが登場する。

俺が『アイデン&ティティ』を知ったのは、映画が最初。
それから、この映画が好きで、二度、観ている。
また、今度、三度目を借りてこようとさえ思っているくらい好き。

この漫画は、その映画の原作で、
前半部分は、映画にも使われていたもの。
タイトルは、『アイデン&ティティ

そして、後半部分は、映画には、まったく使われていない部分。
タイトルが、『マリッジ』。
映画の続きの設定で話が続くから、嬉しい気持ちになって読んだ。
ここに、ジョン・レノンオノ・ヨーコが登場する。


「ロックってなんだ?」


それが、この漫画のテーマみたいになっているんだけど、
俺は、自分のモノヅクリに対して、問いながら読んだ。

時には、ボブ・ディランが登場して問いかけ、
時には、ジョン・レノンオノ・ヨーコが登場して問いかけてくる。


『マリッジ』って映画も作ればいいのになぁ。