北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

寒い冬の夜空

「シュッポ、シュッポ。ピューッ」

赤い楕円形の灯油ポンプの脇から、
一直線に、時には、手に流れ落ちながら、灯油を入れる。

「くそっ。灯油が高くなってきているに」
壊れかけた赤い色の灯油ポンプ。
新しい灯油ポンプを買えば済む話だけど、それもめんどくさい。
たいした量しか入らなかったタンクを持ち、部屋に入る。

ここの所、灯油ポンプを見る度に、
「考えついた人、すげぇな」って思う。

ちなみに、灯油のポリタンクの位置を高くして、
灯油を入れる側のタンクを下にすると、
自動で灯油は流れ落ちる。

すげぇって思っているまもなく、
大量の灯油が玄関にある靴の中に流れ込んだ。
それ以来、この手法は用いていない。


部屋に寝っ転がり、足は、ストーブの前にのばし一人。
ただ、その時、流れているテレビを見る。

年末は、地元、北海道にも帰らず、
年越しそばは、緑のきつね、いや、たぬきか。
どっちかも、今はわからず、
ダラダラと、ただダラダラと、
時だけが流れる。


年の暮れの12月の夜に、ふと、こんなことを考えた。
「何か、元気がないサラリーマンが元気になるような本でも書きたいな」

どんなきっかけで、元気になるのだろうか。
いや、ちょっと待てよ。
俺自身が、掴んでいない。
よって、保留。

これからの楽雲庵塾を、いろいろ考えた。


そんな2008年のスタート。
今年も悪あがこうか。