北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

if

「やっぱ、ここは集中できるなぁ」
2年前か。この場所で、俺は真剣な顔をして、
自分の自伝を書き綴った。

ひさしぶりに、テリヤキチキンバーガーを食おうと思って注文をしたのが、
テリヤキバーガーだったことに気づいたのは、
席についてからだった。

「チキン」という文字が入っていないだけで、
全然、違うものが出てくるんだよなぁと、
座った席に立てかけてあるメニュー表を手に取り眺める。
メニュー表の裏には、メリークリスモスと、
クリスマスの注文を取るための宣伝が書かれていた。

その店に、置いてあるスポーツ新聞は、
いつものように人気があって、読むことはできない。
ガラス越しの隣の人が読んでいる。
「読み終わったら、すぐに返してください」と心の中で、
その人にお願いをし、ぼーっと外に目をやる。

隣の深緑色の建物も喫茶店。
この店と隣の店が、実は一字違いだということは、
どれだけの人が気づいているのだろうか。

モスとモシ。
英語で「if」という名が、その隣の喫茶店の名前。
どちらの店が、先にできたのか気になりながら、
それは聞けねぇなと自問自答する。
今度、モシにも行ってみようか。


10年前。
俺達は、ファーストフード店に入って、話をするという考えがなかった。
それくらい金もなかった。
寒い夜空の下、アーケードのベンチに腰掛け、
真剣な顔で、お互いの野球論について話をしていた。

その友達とは、その後も何回か、
野球論だけではなく、教育についてだったり、宗教についてだったり、農業についてだったりと議論を交わした。
何か、そういう話をすること自体がおもしろかった。


数日前、その友達から、メールがきた。
「チーム、集団づくりで一番必要なことについて、お前の考え方を書いてほしい」
「組織論、最近、よくこのことを考える。人の組織の作り方、育て方」。
メールが来てからというもの、時々、考えていた。

「やっぱ、良い言葉が思いつかねぇや」と、
スポーツ新聞を閉じ、俺は店を後にした。



俺は、時々、気まぐれで、
「もし、俺がトップだったら、どうするか」と考える。
「ここでは、こう動いて欲しいだろうな」と考える。
「俺に怒って、みんなに戒めたいんだろうな。怒られやすい人でいよう」と思いながら、やっぱ怒られるのは、むかつくなと思ったこともある。

時々、チームにおいて何が必要なのかを考え、
結構、チームでやることの難しさを感じる。
しまいには、俺は、組織やチームでやるのは、あわねぇなと思う。

友達からメールが来た時、まず最初に頭に浮かんだ言葉は、「環境」。
リーダーに必要なことは、環境を整えること。
環境で、人は変わる。

ただ、環境。答えになっていないような気がする。
あまりにも漠然としている。
その環境をどういう風に作ったら良いかって、話を聞きたいんだよなと自問自答する。

やっぱ、コミュニケーションなんだろうな。
当たり前のようで、当たり前のようにできないコミュニケーション。
一番、必要なことは、「信頼」で、
「信頼」を築いていくための「コミュニケーション」。
コミュニケーションの積み重ね。

人には、感情がある。
当たり前だけど、そこが難しい。