北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

気づけば、数年ぶりに立つ

何年ぶりだろうか。
台所に立ったのは。
「食器も使わないし、いらねぇな」と思っていた昨今。

何せ、仕事からクタクタで帰ってきたところ、
飯を作るという行為がめんどくさい。
飯を食った後に、皿を洗うのが、更にめんどくさい。

「家事で一番嫌いなのは、皿洗いです」と言い切れる。

女の子から作ってもらった飯を食うのが一番好きだけど、
料理を作るのは、そんなに嫌いじゃない。
ただ、皿を洗うのが嫌いなんだ。

バイトで皿洗いをしていた頃は、
そんなに嫌いじゃなかったのに、
自分で作って食べるとなると、
めんどくさくて仕方がない。


そんな俺の家に常備されている調味料は、
マヨネーズくらいしかない。

この台所に立っていなかった数年。
俺は皿洗いというめんどくささからは解放されてきた。

しかし、秋がちらつき始めた日曜日。
「こんな生活は金がもったいねぇな」と思い立つ。
俺は、数年ぶりに、包丁を持ち、玉葱を切り、鍋に入れる。

「肉がねぇ。肉がなきゃ始まらない」と、
再び、スーパーに肉を買いに行き、
グツグツ沸騰した鍋に肉をぶち込む。

ここまで書けばわかるように、
俺はカレーを作った。
カレーうどん

俺の作るカレーは、玉葱と肉しかいれない。
カレーの兄弟であるハヤシライスも玉葱と肉しか入っていないから、
これと同じ理屈。
ただ「ルー」が、カレーかハヤシライスかの違い。
小さい頃に、「じゃがいもとにんじんがなければ良いのに」と、
思っていたのを実現している。

そんなわけで、俺は当分、カレーを食い続ける。
2日連続、カレーうどんだったから、
そろそろカレーライスにしようかな。