北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

流した涙と流した汗の後に

俺の母ちゃんは、テレビの前で、高校野球を観ながら、
「ここで、ホームランを打つと同点だね」とか、
「ここで、ホームランを打つと逆転だね」と、
常にホームランを意識して、高校野球を観戦していた。

子どもの頃は、俺も「そうだな」と思っていたけれど、
実際、野球を始めて、ホームランを打つことが、
いかに難しいことであるかを知った。


佐賀北広陵
2007年夏、甲子園決勝。

残り2イニングの8回。
1-4の3点差を追う攻撃。

1点でも返したい。次の打者に繋げたい。
そんな場面。

ボールは、青空に弧を描き、
レフトスタンドに、ボールが飛び込む。

ここぞという場面、
緊張してもおかしくない場面で、
自分の実力を出し切るということは、
半端じゃない練習の上の、自信において成り立っていると思う。

強いチームは、当たり前のことを当たり前のようにやってのける。
だから、エラーも少ない。
エラーが少ないのは、当たり前のようだけど、
やってのけるのは難しい。
それも、半端じゃない練習の上に成り立っている。


佐賀北の久保貴大投手の好きな言葉。
「努力しても結果が出ないというかも知れないが、努力しないと結果は出ない」。

久保投手。
すごい良い顔つきをしている。
また、これから注目したい選手が現れた。


今年も、熱い夏、すばらしい試合を見せてくれた高校球児達に、
感謝の気持ちを送りたい。


ありがとう。