北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

花のついた帽子と地震

「このおじいちゃんの写真、めっちゃ好きです。すみません何度も言っちゃって」
個展1日目の夜、興奮気味で、俺に感想を言ってくれた女性がいた。

「何度も、何度も言ってください。その度に喜びますから。この写真は、個展のために用意したものなんですよ」伝わってくれた人がいてくれて、喜びながら、俺は答える。

「このおじいちゃんって、何で、花をつけてるんですか?」と女性が尋ねる。

「花をつけている理由は、その人の想像にまかせたいんです。ちなみに俺は、ばあちゃんがつけてくれている説をおしていますけどね。じいちゃんが、散歩が楽しくなるようにって、ばあちゃんがつけてくれていると思います」と答える。

「私は、ばあちゃんが死んで、じいちゃんが、ばあちゃんを思い出して、つけていると思います」

その女性が考えた物語を聞きながら、俺は胸が熱くなった。

やっぱり、その人の想像にまかせて良かった。
せつないけれど、良い物語を聞けた夜だった。


中越沖地震の後、
そのじいちゃんが、どうなったか気になっていた。
当分の間は、散歩ができないだろう。
道は、ところどころボコボコ。
いつ余震がきてもおかしくない。

そんな今日、じいちゃんに会った。
いつものように、同じ道を散歩していた。

「大丈夫でしたか?」俺は、嬉しくて、小走りに、じいちゃんのところに寄っていった。

「1日目は、避難所だったよ。それで、写真はできたかい?」

会う度に、写真を楽しみにしてくれている。
今日も、そうだった。

「綺麗な形にして、プレゼントします」


アルバムに入れ、メッセージをつけて、贈りたいと思っている。
喜んでくれたら良いなぁ。