北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

礼に始まり、礼に終わる

「そういえば、今日で、この楽雲庵塾も3年になるんだったなぁ」

そんなことを考えながら、晴れた日の早朝、
俺が止めた車の先には、アスファルトに座る自衛隊員が1人。
新潟県災害派遣で来てくれているのは、一目瞭然。

俺は、車から降り、その自衛隊員に声をかける。

「おはようございます。ありがとうございます」

「おはようございます」
俺よりも、たぶん若い青年が、挨拶をしてくれる。

こんなに朝早くから、仕事なんだなと、俺は、俺の職場に向かう。

「すみません、今日の仕事、なくなったんですよ」

俺の早朝の仕事は、キャンセルになったらしく、
「まあ、また、寝れるからいいや」って、
俺は、再び、その駐車場に戻ってきて、
アスファルトに座る自衛隊員に声をかける。

「どこから、来たんですか」

「大阪です」

「こりゃまた、遠いですね」

「撮影に行けって、言われたから来たんですけど、誰もいないんですよ。待ちぼうけです。ははは」

俺も一緒に笑う。
「こういう、ちっちゃなアンラッキーは、好きだなぁ」って、
失礼かもしれないことを考えながら俺は、再び車の中に戻る。
ちなみに、俺も、何のために、早朝に起きたかはわからない状態になっている。
まあ、ちっちゃなアンラッキーだ。
大したことはない。

俺の住んでいる街は、あいかわらず水が出ない。
水が出ない生活は、ここまで不便だったのかと、今更、気づく。

トイレも流せないし、
洗濯もできないし、
風呂も入れない。

ただ、俺は、金で買えないものを、この地震では、なくしていないから、大したことはない。
不便なだけだ。

今日は、風呂に入りに、隣の町まで、友達と出かけた。
風呂嫌いなのに、頭を三度洗いした。
本当に気持ちが良い。

帰り際、「ありがとうございました。気持ちよかったです」と、
無料で、入浴させてもらった、せめてものお礼を、入浴施設の職員に伝える。

朝の自衛隊員もそうだし、
夜の入浴施設の職員もそう。
「やって良かったな」って思ってもらえるくらいは、せめて礼で返したい。


※やって良かった個展の様子は、楽雲庵塾『企画』のページに少しずつ、更新していきます。