凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

楽雲庵塾展最終日の出来事

楽雲庵塾展、最終日の7月16日。
震度6強地震が俺を襲った。


「何で、今日なんだよ。最終日なのによ」


俺は、外に出て、辺りを見渡し、職場を確認し、
「これなら、まだ行ける」って思って、
楽雲庵塾展に向かうことにした。


2日間、楽雲庵塾展に来てくれた人が、すごい温かくて、
ありがたくて、最終日も、直接、お礼を言いたかった。

楽雲庵塾展で出逢った人が、愛知に帰る日に、お別れを言いたかった。

めっちゃ気合い入れて、やってきたものを最後までやり遂げたかった。

ここで、行かないと、いろんなことが、中途半端で終わるような気がして、どうしようもなかった。


車を走らせて、「これは、やばいかもしれない」っていう想いが巡る。
道路は、ヒビ割れ、ボコボコになり、
電柱は、傾いているところもあるし、
家が潰れている人もいる。


どこもかしこも、道路は通行止めになる。


「もう、行けないかもしれない」と思うと、悔しくてたまらくて、
次々に携帯電話がなり、心配してくれる人がいることが嬉しくて、
何がなんだかわからない涙が出てきて、
泣きながら、進んだ。

準備する日も泣き、
最終日も泣いてるなって、
ふと思い出す。


救急車とすれ違い、
消防車とすれ違い、
自衛隊とすれ違う。

何か、今度は、自分が、逃げている気分になって、
罪悪感を感じ始めてきて、
どの行動が正しいのかもわけがわからなくなる。

ただ、目の前に、助けを求めている人がいる時だけは、
何よりも優先しようとだけ、決めて、
前に、前に進む。


やっとのことで、会場のN7に着いた。
滞在時間としては、2時間いたかいないかだったけど、
その時の状況での、自分の最善は尽くせたと思う。


あとのことは、これから。
俺は、大丈夫。

じいちゃん、ばあちゃんや、
小さい子どもや、その家族や、
障害をもっている人や、
家が壊れちゃった人が、
すぐそばにいる。


俺でも役にたつだろうか。
がんばろう。