北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

人間桃鉄

「子どもが今、桃鉄にはまってさ」

「そりゃあ、良いよ。俺みたいに、人間桃鉄をしたいって、言い出すかもしれんしさ」

先日、千葉県に住んでいる友達から連絡が来て、こんな会話をした。

皆さんは、「桃鉄」をご存知だろうか。
テレビゲームに、桃太郎電鉄というのがあって、
日本中を、サイコロを振り、目的地を目指すゲーム。

学生の頃は、本当にやった。
夜を徹して、やった。
「ふざけんじゃねぇ」と、喧嘩をしたことも、
今となっては、思い出話にもあんまりならない思い出。


俺は、その桃鉄の攻略本を持って、日本各地を回った。
まじな話だ。

その攻略本には、各地の名産、名所が詰まっている。
バット工場が富山県にあるのも、その桃鉄から学んだ。

そして、昨年、九州を一周して、俺の日本47都道府県制覇の旅は、完結した。

「もう、旅は、やめるのか?」と何人かの人から言われ、
「いや、そんなことはないよ」と言ってきてはいるが、めっきり旅はしていない。

孤島を目指そうかと思っているけれど、
孤島なだけあって、今までよりも、交通費がかかる問題が浮上している。
まぁ、いずれ目指そうと思っている。


個展の方は、連日連夜、作品作りに没頭している。
「この作品は、メッセージ性は、あるのだろうか?」とか、
「早く人に見せてぇな」とか、思いながらね。

今のところ、写真や写真詩は27作品。
うち、新しいものは、12種類を目指して、
間に合うかどうかの、ギリギリのラインを突っ走っている。

その中には、今回、一番大きな作品となるであろう、
日本47都道府県の旅を1つに凝縮したものも制作途中。

日本47都道府県制覇の旅の文章は、紙にもおこして、並べる。
文章ものも、何点か展示予定。

楽雲庵塾に、言葉での表現はつきものだからね。



■楽雲庵塾展
時:7.14(土)〜16(月)
場所:GALLERY N7(新潟市中央区東堀通5-443)
料金:無料