北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

デザインフェスタ


その一日は、すごい贅沢な時間で、最高な一日だった。


今年ほど、新たな出逢い、刺激的な出逢いが多い年もない。
5月にして、そこは、もう確定した。

その源流である2月の出逢い。

この楽雲庵塾でも、何度となく紹介しているFREESTYLELIFE、編集長のMIZKさんと2月以来の再会を果たした。

再会の場所は、東京ビッグサイト

人生ゲームだったかは忘れたけれど、
ボードゲームで、その名を知った東京ビッグサイト

その東京ビッグサイトで開催されていた「デザインフェスタ」に行ってきた。

「いつかデザインフェスタに、行ってみたいなぁ」と思っていた。
今回、俺が東京を訪れた日と、
たまたま開催時期が同じというラッキー加減。

東京ビッグサイトに足を踏み入れ、
目に入ったのは、長蛇の列。
チケットを買う人達の長蛇の列。
まずもって、驚かされたのが、
デザインフェスタの注目度。

次に驚かされたのが、作品の多さ。
観る人も多ければ、作品を並べている人も多い。
写真、ポストカード、絵、Tシャツ、陶芸、書道・・・。
何度か休憩しながら、観ること、ざっと4時間。

ここ最近、個展に行ったり、人が作っている作品を観る機会が多いんだけど、
人の作っている作品を観るのは、なかなか良い。
時に、刺激になったり、
時に、アイディアが浮かぶ。

今回も、そう。
こういう作品の見せ方があるのかと知ったり、
人を惹きつけるものを作るには、どうすれば良いのかを考えたり、
やべぇ、俺の名刺が必要だなと思ったり、
いろいろ頭の中に浮かぶ。


その一日は、すごい贅沢な時間で、最高な一日。
今日、書いた話は、まだ半分に過ぎない。