読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

PAY IT FOWARD

「世の中はクソだから」


そう感じた一人の少年は、
社会科の授業で出だされた課題に対して、
一つのアイディアを考える。

一人の人が、三人に何かでかい善いことをする。
本人にはできないけれど、自分には、その人にできる、何かでかいこと。
善いことをしてもらった人は、さらに三人に何かでかいことをする。
それが決まり。
そんなアイディアを考え、実際に行動に移す。


ペイ・フォワード」というDVDを観た。
この楽雲庵塾にメッセージを残してくれた方が紹介してくれて、
普段、まったくといっていいほど、映画を観ないにもかかわらず、
ちょっと観てみようかと思って、借りてきた。

「やばい。ストライクだ」
時々、涙目になりながら、画面に食い入る。
そこに出てくるメッセージが、またかっこいい。


俺は数年前まで、「やられたら、やり返す。恩を受けたら、恩を返す」をポリシーの一つとしてきた。

しかし、それも、ちょっと違うなと、
幾人の人との出逢いから気づく。

恩を受けたら、恩で返す。
もちろん、それはそうだけれど、
それじゃあ、何か物足りない。

だけれども、先に、優しさを配るという気持ちも、なかなか、わかない。
そんな日々を送る。

今年に入り、新しい出逢いが、立て続けに、良い出逢いで、
そのためには、まず、準備だけはしておこうということになった。
どこに、そのラッキーが転がっているかわからない。

自分から優しさを配っていこう。
できることなら、笑顔でいよう。
できないなら、無理はしないでおこうと。

俺が優しさをもらった時に、温かい気持ちになったから、
俺も人に、そんな気持ちを味わってもらいたいと思う。
それが、結局のところ、俺にとって良い出逢いとなって帰ってくる。

その少年ではないけれど、
俺はある数式が頭の中に浮かぶ。

優しさを配る≒優しさをもらう
悪口を言う≒悪口を言われる



俺は、余すところなく、良い出逢いをしていきたい。