北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ヒッチハイカーと日本代表の話

この話は、イギリス人とアメリカ人2人のヒッチハイカーと日本代表との話。


俺は、第2の故郷、仙台で、友達2人と久々の再会を果たし、
楽しい休日だったと、自宅に帰るところだった。

そんな晴れた日の休日の朝、
国道4号線に、1人の外国人が、ヒッチハイクをしているのが、目に止まった。

今まで、ヒッチハイクの人を乗せたことはないんだけど、
ちょうど、俺が行く方向とまったく同じだし、
なんか、楽しそうだと思ったから、
車をUターンさせて、その外国人の脇に車を止めた。

俺は時々、勝手に代表を気取る。
その外国人にとって、俺との出逢いは、
少ないかもしれないけれど、日本の印象に影響を与える。
だから、この場限りの日本代表。
日本が良い国だと思ってもらいたいという気持ちがわいてくる。

男の外国人が1人だと思っていたら、
喜んで、小走りに走ってくる女性が、もう1人。

「ありがとう」

「ちょうど、新潟に行くから。ちょっと狭いけど、乗ってよ」


こうして、いつもとは、ちょっとだけ違う1日が始まった。


助手席に乗った男性がイギリス出身のベンさん。
後部座席、運転席の逆側に乗った女性はアメリカ出身のニーナさん。
そして、運転手の俺は日本代表。

2人は、北海道、函館で、英語を教えていると言っていた。
少しばかり長い休日がとれたから、北海道から奈良を目指して、ヒッチハイクをしながら旅をしているらしい。

「なんで、ヒッチハイクなの?外国でヒッチハイクは怖くない?」

ヒッチハイクは、日本語の勉強になります」

函館から仙台までの、ヒッチハイクの旅の話を聞いた。

「そっか。俺もインドを旅したことがあるんだ」

「私も、インドに行ってみたいです」

俺は、少しばかりインド一人旅について話をし、

「インドに行った時、俺の英語が通じなくて、ホテルがとれないことがあってさ。
その時に、イギリス人かアメリカ人かわからないけれど、
英語を話せる人が、俺を助けてくれた。
だから、今度は、俺が何か恩返しをしたいと思ってね。
だから、2人を乗せた。それに2人を乗せたら、楽しそうだと思ったしね。
どうせ、俺は帰るだけだし」

2人は、柔らかい笑顔で、俺の話を聞いていた。

「この時期に日本に来たんだったら、ぜひ、桜を観ていってよ」

「はい、青森で観ました。たぶん、函館に帰る頃には、函館にも桜が咲いていると思います」

俺は、桜の話や花火の話、
ここは、七夕が有名だとか、牛タンが有名なんだとか、
ここは、野口英世が生まれたところなんだとか、
日本代表として、あますとこなく話をしていった。

何せ、時間はたっぷりある。
順調にいっても4時間。
いろんな話をした。

「そうだ。俺の作ったポストカードがあるから見てみてよ。もし、気に入ったのがあれば、プレゼントする」

俺は、日本代表としてばかりではなく、
楽雲庵塾塾長としても、あますとこなく話をしていった。


「本当に楽しかった」

「俺も本当に、楽しかったよ。ここでお別れだね」


俺達は、その4,5時間の出逢いに、
別れを惜しんだ。



そして、今日。
一通のメールが俺の元に届く。

「昨日奈良に着いた。本当にありがとう!楽しかったね。また会いたいね。もし北
海道に来たら、メールしてください。じゃ、また。ニーナ」


「そっか、そっか、無事に辿りつけたんだね」って、
俺は、2人が元気だったのを喜び、今日1日を始める。