北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

その場所には、夢がいっぱい詰まっていた。

この話は、お気に入りのマカロニを買うコンビニで、
手に取った1冊の雑誌の記事から始まる。

手に取った雑誌の記事を読み、
「Greatful Mart」というイベントに参加した。
そこまでの話は、4月10日4月15日の日記をご覧下さい。

そして、先日、イベントでお世話になった1人に、
もう一度、連絡をとり、直接、会って話をさせてもらった。

その人は、俺がイベントに参加したくて、電話をかけた時に、対応してくださった人。
すごい気持ちの良い対応で、イベントに参加した際には、
ぜひ、話をしたいと思っていた人。

そうは、思ってはいたものの、イベントに参加していた時には、
なかなか、ゆっくり話をする機会がなくて、
「もう一度、会って、話をしてみたい」と思いながら帰った。

その人の何に惹かれたかって、「笑顔」。

初めて会った時、すごい素敵な笑顔で、
やっぱり「笑顔」は、すげぇなと、
2月から「笑う顔には福来たる俺スタイル」を模索しながら生活していた俺にとって、
改めて、「笑顔」は大切なんだよなと味わった一時。

再び会った場所は、GALLERY N7
再び会った人は、インポーさん。

インポーさんは、絵を描いているアーティストでもあり、
GALLERY N7のオーナーが、出稼ぎに行っている間に、店をまかされた1人でもある。

インポーさんに会えると喜んでいたところに、
もう1人、GALLERY N7をまかされているナナさんも来てくれた。
ナナさんも、また絵を描いているアーティストである。

その2人と、GALLERY N7が出来るまでの話や、ROM LINK GALLERYの話。
お互いの活動の話をした。
GALLERY N7が出来るまでの話、ROM LINK GALLERYの話の詳細は、HPをご覧下さい)。

もともと、俺は、その人が、どんなふうに生きてきたかという話を聞くのが好きで、
そこに、夢の話が加わったりすると、おもしろくて仕方がない。
たぶん、俺の目は、キラキラしていたと思う。

「オーナーにも、ぜひ会ってみたいです」と残念がっているところに、
GALLERY N7のドン、コーターさんが登場。
連休の間に、一度、帰ってきていたらしく、
「会いたい」と残念がっている俺をみたナナさんが、連絡をしてくれた。

なんて俺はラッキーなんだと、自分のラッキー加減を喜んだ。
その3人といる空間で、俺は、幸せを噛みしめた。

ここにも、夢を語って、がんばっている人達がいるんだと思うと嬉しくて、
その人達と会えたことに幸せを感じた。


今年は、すごい刺激的な、新たな出逢いが多い。
俺は、ラッキーです。