凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

今日が、その日に変わる

誰しもが経験していると思う。
試験前になると、本来、集中するべき勉強に集中できず、
勉強以外のことに、半端ない集中力を発揮する。

俺の場合は、部屋掃除。
勉強に集中するためには、部屋掃除からだなという思考回路になる。

その時、その時に、集中できることに、力を発揮すれば、
時間も有意義に過ごせるってもんだ。
提出物は、その集中力がいかんなく発揮されるギリギリに出すべきだ。
いや、どちらも、単なる現実逃避。
時と場合に応じて使い分けてください。
使用を間違えると痛い目をみるのは、あなたです。

ここ最近、あまりにも怠惰な生活を送りすぎた。
「また、こんな休日を過ごしちまった」と、日常に戻る。
たまあになら良いんだ。

無駄が悪いことばかりじゃないこともわかっている。
普段のどうでも良いような話が、話しやすいという空気を作り、
その結果、この人に相談してみようかなということになる。

真面目な話ばかりが、友達との絆を深めるわけじゃない。
クダラナイコトやタワイモナイコトが、後々、語り継がれる思い出に変わることも多い。
だから、俺にとっては大切だったりする。

普段の疲れをとるために、ダラダラしようと、
最初から思っていれば、その休日は、有意義な休日。
やっちまったという気持ちになれば、後悔に終わる。
やばい、このまま、同じような感じで、ただ、ただ年をとっていきそうだ。
繰り返される後悔。
グッバイ

俺にとっては、何の区切りでもない3月13日、火曜日。
月の初めでもなければ、
週の初めでもない。

強いて言えば、2日後が、妹の誕生日。
誕生日おめでとう。

変えようと思った日が、その日だ。
それは、例え、3月中旬だろうが、
例え、火曜日だろうが、その日だ。

区切りが良い日まで待つな。
思った時が、その日だ。