北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

向いていないなんて、思わないで欲しい

「閉店セール」


俺が勝手に応援していた店が、閉店するらしい。


女性の服を売っている店だから、
俺は店に入ったことはない。
店員と会って話したこともない。

ただ、俺と同年代の人達が経営していたから、
がんばって欲しいなぁと思っていた。
ただ、それだけの関係。

その閉店するということを知った時、
「俺には、向いていないから、もう辞めよう」ってなるのかなぁと、
一人、想像した。

向いていないなんて、思わないで欲しいなぁ。
場所が悪かっただけかもしれない。
環境が変われば、自分の夢をつかめるのかもしれない。
そう、思った。


そういえば、数年前、同じような場面があった。

その人は、泣いていた。
実習が、うまくいかずに泣いていた。

そんな中、職種も違う俺が励ませってことになった。
「ここで、俺か?」
若干、そうは思ったものの、
俺は、その人の隣に座った。


「周りの友達が、楽しそうに実習をしているのを見ると、
うまくいかない自分は、こういう仕事には向いていないんじゃないかって思うだろ?」

「俺も昔、そんなことがあってさ」


その人は、何粒も、何粒も、涙を流しながら、俺の話を聞いていた。


「だけどさ、このたかだか数週間で、
自分が向いていないなんて、思わないで欲しい。
俺も、働いて数週間では、無理だったしさ」


少しだけ話をした後、
その人は、実習中に、泣いちゃいけないと思ったのか、
何度も涙をふき、真っ赤な目をして、
「ありがとうございました」と、実習に戻っていった。


あの人は、今、笑顔で働いているだろうか?
たぶん、大変なこともあるだろうけれど、楽しさも味わっているんだろうな。
そうであって欲しいな。