凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

ドンマイ

「まるで、オリエンテーリングをしているみたいだ」。
東京で、路線図を見ながら、俺は、そんなことを思った。

先週の土曜日の夜。
かれこれ12年ぶりになる再会が待っていた。

「ソウブセンに乗って、秋葉原に来れるか?」と、電話口の友達が言う。
「セイブセンに乗れば、良いんだな」と、新宿の西武は、確かこの辺にあったよなと、電話を耳にあてたまま、俺はあたりを見渡す。
「ソウブセンだぞ」
「ああ、セイブセンな」

何度も確かめるやつだな。
セイブセン、セイブセンと。

なかなか見つからない西武線
そうこうしていると、メールが来ていることに気づく。

「総武線で黄色い電車で秋葉」

あぶねぇ、あぶねぇ。
あいつは、だから何度も、「ソウブな」って、確かめてたのかよ。

夜の11時にもなるのに、満員電車か、東京はすげぇなと思いながら、
やっと辿り着いた総武線。
ちょっとした安堵の空気が流れる車内。


「次は〜、終点。東京です。東京〜です」


結局、総武線の向かいのフォームの電車に乗っていることに気づいたのは、
終点、東京。


12年ぶりの再会は、夜中の12時。


高校の時は、共に白球を追いかけた仲間。
2年の時は、サードという一つのポジションを、
二人で争ったライバル。

「よく喧嘩をするねって言われてたよなぁ」と、俺達2人は、
ひさしぶりにタイムスリップ。

ドントマインド。
略してドンマイ。
「気にすんな」と、エラーをすれば、励まし合う野球。
それが野球の良いところでもあるのに、
俺達は、怒鳴り合い気味で、言い合いをよくした。

その友達は、どうかはわからないけれど、
俺にとっては、それが居心地の良い、
その友達とのつきあい方だった。


その友達は、現在、ゲーム業界に身を投じている。
職種で言えば、3Dグラッフィッカーって言ってたかな。

高校の時には、すでに夢を描いていたらしい。
俺達の高校時代は、そんな話を一つもしなかった。

「すげ〜、おもしろいんだ」と、言う友達の目には、迷いがない。

二度、転職をし、つなぎでバイトをした辛かった、苦しかった話を聞けど、
仕事を辞めているのは、どれも人間関係。
ゲームを作る喜びは消えないまま。

たぶん、今も、それなりに、辛いこと、苦しいことはあるんだろうけれど、
ゲームを作るという、自分の喜びに照準があっているから、
あんな目をしているんだな。

これなんだよな。
俺の目指しているところは。

俺には、「これだ!」って、強いもんがない。
「これで、良いのか?」って、迷いながら、生きている。

だからって、今の仕事を選んだことに、後悔もないし、
選んで良かったとも思っている。

俺は、とりあえず、今を精一杯、もっと楽しいものに変えよう。
俺は、自分のペースで、その目指している所に辿り着こう。